コスト削減の最適化ならSFA
営業支援ツールSFA

営業支援ツールを利用してみませんか。営業スタッフが毎日残業して書き上げている業務日誌や契約状況報告などの書類をひとまとめにすることができます。報告書として文面で提出させているから時間を取られるわけで、会社側から項目別に入力するデータを提供しさえすれば、毎日のメモ代わりに利用することができます。営業スタッフが毎日どこへ訪問して、何を交渉し、取引の可能性はどれくらいか、売掛金はどれくらい見込むことができるか、在庫は即納入に対応できるかどうかなど、それぞれを清書してレポート報告していたら、営業スタッフの報告を店舗ごとにまとめる事務員も必要になりますし、本社でもデータを総合包括的にまとめる業務が発生してしまいます。これらの不便を解消し合理的に解決したのがSFAと呼ばれる営業支援ツールです。
このシステムを導入することで業務を一気に効率化させ、残業を減らすことができます。事務負担を軽減させることができるので有給休暇の消化が見込めます。誰もが閲覧できますし、守秘義務のあるデータに関しては閲覧者を制限することもできます。今までわかりにくかった会社の業務の流れが、営業スタッフの行動を開示することによって他部署の人にもわかるようになります。わざわざ報告書やプレゼン資料を作成しなくても、データの加工は即時可能ですしタブレットとして持ち歩くこともできます。重いパンフレットを持ち歩かなくても、在庫を確認しなくても済み、最新のものがアップデートされます。取引先が希望したらデータとして渡すこともできます。
他の点で効率化が進むといえば、仕入れや在庫と会計システムとの連動です。今まで担当者や時期の変更などで問い合わせを随時必要としていましたが、SFA営業支援ツールを導入することで就業時間終了の時点で日時処理が完了します。随時変更は発生しますが、現時点の在庫と前日の在庫を確認することで把握できますし、出荷予定を見ることもできますから必要であれば発注依頼をかけておくことができます。仕入れ担当者は在庫状況を見て発注をかけることができますし、前月度前年度のデータと比較して合理的な仕入れが可能になります。会計システムと連動しておけば、納品書のチェックがそのまま売掛金となり、支払いを適切に行うことができます。
会社によっては無料トライアルサービスを提供していたり、フルサポートを盛り込んだりしています。自社システムのプログラムの知識が高度な業者に依頼するべきです。

2013年12月12日 6:02 PM | コメントはありません。
Copyright 営業支援のSFAとは All Rights Reserved.
Powered by WordPress Template by ホームページ覚書